きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.7.13

ようこそいらっしゃいませ。

今年初の2歳重賞G3函館2歳Sがあす行われます。出走馬の半数近い8頭がミスタープロスペクターの子孫、スピードに恵まれ仕上がりの早い血が生きているようです。

モハメド殿下の愛馬ティーハーフは殿下の勝負服で走ったストーミングホーム産駒。ミスプロ2×3のきついクロスを持つ種牡馬です。ティーハーフの半兄ラッキーナイン(父ドバウィ)はご存じのように、1200m、1400m、1600mでそれぞれG1を勝っているように非常に距離への適応力の高いサラブレッドですね。

同じくミスプロ系アドマイヤムーン産駒のアットウィルは、昨年の勝ち馬ファインチョイスの全弟にあたります。姉弟制覇、同時に領家政蔵調教師には3連覇がかかります。2歳重賞というカテゴリーへの適性ではこちらが上かも。

コナブリュワーズは母のアンブロワーズがこのレースの勝ち馬、イーサンヘイローは祖母エンゼルカロが勝っています。母娘制覇、祖母孫制覇がめざしています。こうして見ると血統というものは正直ですね。たっぷりと血のドラマを楽しませてください。

さて今夜、イギリスのニューマーケット競馬場では、牝馬G1ファルマスS(1600m)がスタートします。ゴールデンライラック、メイビーとガリレオ×デインヒルの黄金ニックスが人気です。ゴールデンライラックは今季緒戦のG1イスパーン賞で強豪シリュスデゼーグルを倒し絶好調です。吉田照哉さんの所有馬イリューシヴケイトは昨年のアメリカ遠征以来のレースになりますが、デットーリ騎手に乗り替わり虎視眈々といったところ。こちらもハイレベルなレースで目が離せません。