きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.11.18

ようこそいらっしゃいませ。

昨日の東京スポーツ杯2歳S、素晴らしいレースでした。藤沢和雄厩舎の2頭でワンツー決着したのですが、勝ったコディーノは百点満点、パーフェクトな競馬です。テン良し、ナカ良し、シマイ良し、昔風にそう言いたくなります。現時点での完成度の高さは群を抜いていますね。これからどれほど充実していくのか楽しみがいっぱいです。

最速上がりをマークしながら2着に敗れたレッドレイヴンは、パドックでいななき続けていたように、まだ子供です。今日のところは完敗でしたが、大外枠の不利もありました。今後の成長を考えると楽しみな逸材です。それにしても今年の2歳陣はとても充実していますね。来春のクラシックまでワクワクドキドキさせられそうです。

さて、今日のメインはG1マイルチャンピオンシップ。昨日の雨で良馬場は望めそうになく混戦に拍車をかけます。去年の安田記念の覇者リアルインパクト、今年の勝者ストロングリターンの堀厩舎の両雄に加えて連覇を狙うエイシンアポロンなど多士済々の顔ぶれです。

とくにエイシンアポロンは父がジャイアンツコーズウェイ、母父サドラーズウェルズという馬力の勝った配合で全勝ち鞍を稍重以上の悪化馬場で上げています。近走不振が目立ちますがチャンピオンの意地を見せる?

リアルインパクトにはライアン・ムーア騎手が乗ります。昨日の東京では、2-2-2-3と大活躍を披露してくれました。馬を追わせる技術、持たせる技術は世界トップクラスですね。京都はスノーフェアリーでエリザベス女王杯2連覇の好相性、道悪に実績のない馬ですが、ムーアならと思ってしまいます。