きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.11.25

ようこそいらっしゃいませ。

“七冠馬”という言葉があります。国内G1を7勝した馬に贈られる歴史的名馬の勲章です。これまでシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトの3頭が栄誉に輝いていますが、オルフェーヴルはこれら偉大な先輩に迫れるのでしょうか。

彼はこれまでクラシック三冠と有馬記念、宝塚記念のデュアルグランプリを制して計5冠を手にしています。先輩に並ぶにはジャパンC、有馬記念の連勝が最速ですね。ぜひ“七冠馬”の仲間入りを果たしてほしいものです。

ルーラーシップは大器と言われ続けてきました。蹄の不安などで順調さを欠いてきたのは残念ですが、そろそろ真価を披露する時が来たような気がします。父キングカメハメハと母父トニービンはSS系の血を持たず種牡馬として大成しそうな雰囲気があふれています。その可能性に華を添えるためにも、ぜひ勝ちたい一戦でしょう。

東京の鬼・ジャングルポケットの後継争いも焦点です。トーセンジョーダンは秋3戦にスミヨン騎手を確保しました。前走一息でも、その意気込みは買わなければならないでしょう。東京2400mのスペシャリスト・ジャガーメイルが不気味ですね。思い起こせば出世前に後のジャパンC馬スクリーンヒーローと勝ったり負けたりの競馬を繰り返していた実力の持ち主。展開次第では持久力にすぐれた末脚が爆発するかも?オウケンブルースリも東京は走ります。

雨も上がって絶好の秋日和で迎えられそうです。これ以上はないコースコンディションを期待できそうですね。皆さんの馬券に、Good Luck!