きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.11.26

ようこそいらっしゃいませ。

昨日のジャパンC、ちょっとしたアクシデントはありましたが、牡牝三冠馬同士の死力を振り絞った壮絶な叩き合いに、競馬の醍醐味を味わった方も多かったのではないでしょうか。

オルフェーヴルの池添騎手は内に馬を寄せて背後に迫るジェンティルドンナの進路を消そうとした、これは世界中で普通に認められている作戦です。岩田騎手のジェンティルは体当たりして進路を確保した、これはかなり乱暴かもしれません。この危険騎乗に対して岩田騎手は2日間の騎乗停止、ただし着順を変更するに至るまでの影響はなかった、というのがJRAの裁定です。大岡裁きみたいなことでしょうか。

ともあれ抜け出してからの2頭の叩き合いは見ものでした。体当たりしてまで勝利に貪欲なのは、抜こうとする馬を噛みにいって威嚇したという祖父サンデーサイレンスの面影を宿しているのでしょうか。褒められたことではありませんが、この闘争心がサンデーサイレンスの血の真骨頂なのでしょう。オルフェーヴルにも同じ血が流れています。その意味でサンデーサイレンス・ショーだったのかも。

3着のルーラーシップはまたもや痛恨の出遅れ。大器を謳われる貴公子に勝利への貪欲さを感じられないのが、残念でなりません。ともあれサラブレッドという生きものの素晴らしさ、摩訶不思議さを考えさせられた一日でした。