きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2011.2.28

ようこそいらっしゃいませ。

昨日の中山記念、盛り上がりましたね。“異次元の脚”と賞賛したスポーツ紙もありますが、ヴィクトワールピサのレースぶりは立派の一言に尽きます。

これで中山は4戦4勝ですか。先行してよし(有馬記念)、内を急襲してよし(皐月賞)、昨日のように追い込んでよし、無敵ですね。直線が短いのに急坂があり瞬発力が要求される、そんなコース形態がよほど性に合っているのでしょうね。歴代最強の“中山ホース”と言っていいのかもしれません。

さて、次はドバイワールドCです。オールウェザーは走ってみないと分かりませんが、昨年のマクトゥームチャレンジR3で同じSS系のレッドディザイアがそれこそ“異次元の脚”を見せていることからも、不安よりも期待が高まります。

直線が延びるのはどうなんでしょうか。中山の走りが完璧すぎて老婆心が頭を持ち上げるのですが、デムーロ騎手の手綱さばきを信頼することでしょうね。

相手も強くなるでしょうが、まだ明け4歳の伸び盛り。昨日なんかも1頭だけ馬が違って見えました。ドバイの後は香港だそうですが、世界をアッと言わせるような快走を期待しています。