きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2011.8.26

ようこそいらっしゃいませ。

今週で8月ミッドサマー競馬も終わり秋の足音が近づいて来ました。中山競馬場では芝の養生などもしっかり施され、開幕を待つばかりの状態に整えられています。

気候の関係で番組のテンポが一足早いヨーロッパでは、9月といえば、もうファイナルラウンド突入モードになります。アイルランドでは初旬に最高峰のチャンピオンSが行われ、有力馬はここから最終決戦の地・凱旋門賞へと向かいます。

その1週間後にはナカヤマフェスタ、ヒルノダムールが出走を予定しているトライアル・フォア賞が終わると、10月の第1日曜日には、いよいよ凱旋門賞がやって来ます。

その半月後にイギリスで各カテゴリーのG1を集めたチャンピオンズデーがアスコットを舞台に開かれ、さらに半月後にアメリカではブリーダーズCデーとなります。これで欧米はシーズンオフに入り、ここらから短期免許の外国人騎手が大挙日本にやって来ます。

ボーナス賞金が加算されるジャパンオータムインターナショナル。エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、ジャパンC、ジャパンCダートの4レースが対象ですが、海外の馬主、調教師にも趣旨がかなり浸透してきたようで、けっこうな馬がやって来てくれそうですね。

目まぐるしい秋がもう始まります。たっぷり楽しみ、いい馬券に巡り会いたいものです。