きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2022.4.29

欧州戦線が開幕!

ようこそいらっしゃいませ。

明日30日、今年は“慣例通り”にニューマーケット競馬場の「2000ギニー」を皮切りに競馬の母国イギリスの新シーズンが開幕します。競馬の基本中の基本は、毎年・同じ競馬場の・同じ施行条件で・ほぼ同一の時期に安定的かつ持続的に行われることにあります。ここ数年はコロナが巻き起こしたバンデミックの影響で、開催が大幅に延期されたり、中には中止されるレースも出現して、競馬の存立を脅かすような事態に見舞われました。まだ、人類がコロナに打ち勝ったとは言えないのでしょうが、何とか曲がりなりにも“慣例通り”に開幕を迎えられるのは有難いことです。無事に開催に漕ぎ着けた開催・運営関係者の皆さまのご尽力に感謝の気持ちでいっぱいです。長い冬の間、辛抱強く丁寧に馬を仕上げていただいたホースマンの皆さまに、晴れの開幕の日にお祝いをお伝えしたいと思います。

今年の2000ギニーは、ネイティヴトレイルという5戦5勝の無敗馬が1頭抜けた人気に支持されています。連勝の内容も文句のないもので、死角らしきものをアラ探しすれば、初距離となるマイル適性くらいのものでしょうか?昨年から英ダービーを筆頭にヨーロッパのビッグレースで驚異の快進撃を続けているゴドルフィン所属で、その主戦厩舎を率いるチャーリー・アップルビー師が丹精を込めて育て上げました。場所によっては都市封鎖や人馬の移動が困難な状況下で、ニューマーケットやドバイなど世界にマルチフルに厩舎展開し、自由度が高く柔軟な調教戦略が可能なゴドルフィンの強みが生きているのでしょうか?もう1頭のアップルビー師管理馬コロイバスは、キャリア3戦と成長途上ですがマイルを専門に使われて、その点ではネイティブトレイルの素晴らしい実績にも見劣りしません。

昨年はゴドルフィンの猛威の前に旗色が悪かった宿敵クールモアも、エイダン・オブライエン調教師が天才的な手腕を奮って隊列の立て直しに余念がありません。エース格はルクセンブルクというキャメロット産駒です。ここまで3戦3勝と文句のない蹄跡を残していますが、2000ギニーよりはむしろダービーでこそと思われている先々への夢も大きな超素質馬です。日本人馬主が権利の一部を保有する実力馬ブルームの全弟ポイントロンズデールは鞍上にデットーリ騎手を手配済みで不気味な刺客です。いずれにせよ欧州競馬の本質は、今年1年どの馬がもっとも高く羽ばたくのか、その成長力勝負にあります。クラシック開幕戦の華やかな舞台裏で繰り広げられるサラブレッドとホースマンの知と技の限りを尽くした戦いは見逃せません。