きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2022.4.3

年度代表馬出陣

4月3日は、石橋脩 騎手の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

日曜は、阪神競馬場で古馬中距離G1・大阪杯が行われます。創設は1957年で、ハンデキャップ重賞としてスタートし、「サンケイ大阪杯」「産経大阪杯」と改称され、2017年より現在の「大阪杯」となりG1に昇格。古馬中距離最強馬を決めるレースへ位置づけられました。

昨年はレイパパレが優勝しました。前年三冠馬となったコントレイル、スプリント・マイル・中距離の3階級制覇を狙うグランアレグリアの激突に沸くレースの中、デビューから5連勝で挑んだレイパパレが重馬場を逃げ切って、デビューから無傷の6連勝でG1制覇となりました。

今年の大阪杯は16頭の出走となりました。過去10年1〜3着の枠番は、
1枠 : 0-1-0
2枠 : 0-0-2
3枠 : 2-4-1
4枠 : 2-1-2
5枠 : 1-2-2
6枠 : 1-1-1
7枠 : 2-0-1
8枠 : 2-1-1
となっています。過去10年の直線の攻防は馬場最内よりも外から伸びてくるケースが多いこともあり、1、2枠に入った馬の苦戦が目立ちます。昨年は1枠に入ったモズベッロが1枠から2着に入りましたが、得意の重馬場を外から差しての2着でした。過去10年で3、4、5枠の馬が9年馬券に絡んでいます。馬齢では、4歳馬、5歳馬が中心になっています。所属では
美浦 : 0-1-1
栗東 : 10-9-9
と関西馬が結果を残しています。

土曜時点のオッズでは、エフフォーリアが1.6倍、ジャックドールが3.4倍、レイパパレが9.7倍、アカイイトが18.3倍、ヒシイグアスが28.7倍、キングオブコージが35.9倍、アリーヴォが43.1倍、ウインマリリンが59.1倍、ポタジェが63.3倍、アフリカンゴールドが67.9倍、ステラリアが68.9倍、レッドジェネシスが86.5倍、マカヒキが96.0倍、スカーフェイスが133.5倍、ヒュミドールが143.1倍、ショウナンバルディが246.9倍となっています。

昨年の年度代表馬エフフォーリアが圧倒的支持を集めてのレースとなりそうです。最強馬の地位を高めるべく、今年初戦を勝利で飾ることができるでしょうか。