きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2021.8.21

名馬への系譜

8月21日は、浜田多実雄 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

今週は夏競馬で最も注目度が高く、盛り上がるレースといっても過言ではない札幌記念(GII)が行われます。毎年、GIタイトルホルダーや秋のGI戦線で活躍が期待される馬が、札幌発GI行きのチケットを手に集結します。またこのレースはサマー2000シリーズの4戦目にも位置づけられており、佳境に差し掛かるシリーズの重要な一戦となりそうです。

今年の最注目馬はソダシでしょう。白毛というキュートなルックスに、実力を兼ね備えた牝馬。2歳時に、札幌で初の重賞タイトルを手にすると、その勢いのまま無敗で2歳チャンピオンに輝き、さらに牝馬クラシック初戦・桜花賞(GI)も制しました。ソダシのぬいぐるみはショップで完売になる人気っぷりで、多くのファンが初めて土のついた優秀牝馬・オークス(GI)の悲しみを、この札幌の地で拭い去りたいと感じているのではないでしょうか。今回は、初の古馬との対戦ですが、斤量も52キロと優遇されますし、ソダシと同じように桜花賞を制して、古馬との初対戦に札幌記念を選んだハープスターは、見事に優勝しているように、3歳牝馬でも結果を残せる素地は整っています。

そのソダシに“待った”をかけるのは同じ牝馬の先輩ラヴズオンリーユー。3歳時にオークスを制して以来、なかなか勝ち星に恵まれませんでしたが、5歳になり完全復活。京都記念(GII)で久しぶりの優勝を手にすると、ドバイでは3着に健闘。そのまま香港に参戦するという過酷なスケジュールも乗り越え。クイーンエリザベスII世杯(GI)で、海外GI制覇という美酒を味わいました。まだまだ主役の座は渡せない、そんな意気込みで札幌に乗り込んできているところでしょう。オーナーのDMMドリームクラブ(株)様からは「この後はアメリカ遠征を予定していますので、弾みをつける意味でも良い走りを期待してます。」とラヴズオンリーユーへのコメントをいただきました。

その他のライバル馬では有馬記念優勝馬のブラストワンピース、マイルチャンピオンシップ優勝馬のペルシアンナイトといったGI馬が復活の時を狙い、サマー2000シリーズ優勝がかかっているトーラスジェミニは逃げてあっと言わせるのか・・・勝負の行方が気になります。

ホクトベガ、エアグルーヴ、セイウンスカイ、テイエムオーシャン、アドマイヤムーンなど・・・過去の優勝馬に目を向けると、そこには名馬への系譜が記されているようにも感じます。札幌記念を制して、またひとつ名馬への階段を登るのはどの馬でしょうか。是非、この眼で見届けたいですね。