きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2021.8.14

サマーシリーズの行方は如何に!?

8月14日は、和田雄二 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

今週より再び3場開催(新潟・小倉・札幌)に戻り競馬が行われます。新潟では関屋記念(GIII)が、小倉では小倉記念(GIII)が行われ、どちらもサマーシリーズの行方を占う重要な一戦となりそうです。

<サマーマイルシリーズ>
関屋記念が対象となっているサマーマイルシリーズ。現在、アンドラステとロータスランドが10ポイントで同率首位。サマーマイルシリーズ優勝条件のひとつ「1勝」については、両馬とも満たしているため、残すは「12ポイント以上」、という条件。2頭とも関屋記念への出走を予定しているため、どちらかが、関屋記念で5着以内に入れば、この条件を満たします。首位攻防戦の大事な一戦となりそうです。

<サマー2000シリーズ>
一方、小倉記念はサマー2000シリーズの対象レース。こちらは「1勝」かつ「13ポイント以上」を満たす必要があります。
現在は、トーセンスーリヤとトーラスジェミニがそれぞれ七夕賞(GIII)と函館記念(GIII)で優勝して10ポイントで首位。しかし、ランキング上位馬はまだシリーズ1戦しか出走しておらず、2戦目を走るであろう小倉記念、札幌記念(GⅡ)、新潟記念(GIII)の結果がシリーズ制覇に直結しそうです。
小倉記念には4ポイントで5位タイに付けているショウナンバルディが出走を予定。「1勝」という条件を満たすためにも、ここは勝利が欲しいところ。

当協会の会員ご愛馬では、関屋記念にソングライン、サトノアーサー、ハッピーアワー、ソッサスブレイが出走を予定。ソッサスブレイのオーナー手嶋 康雄様は「ギリギリ出走することができました。格上の強い馬たちばかりですが、前走は新潟コースで3着に頑張ってくれました。無事を祈りつつレースを楽しみたいと思います」とコメントをくださいました。さらに、前走のGI・NHKマイルカップで悔し涙を流したソングラインについては「NHKマイルカップの後、関屋記念を目標に調整を進め、良い状態で出走できそうです。得意の1600m戦で重賞初勝利を期待します」とオーナーの(有)サンデーレーシング様がお話くださいました。

ここで勝利をすれば、まだシリーズチャンピオンの座も十分に狙える状況。夏の頂に向けて、各馬を応援しましょう!!