きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2019.12.21

暮れのドリームレース・有馬記念

ようこそいらっしゃいませ

いよいよ暮れの祭典・有馬記念を迎えます。木曜日には出走関係者を一堂に会して公開枠順抽選会が行われました。
当協会の有馬記念プレミアムレセプションを前身とし、JRA主催の有馬記念フェスティバルとなって6回目となった公開枠順抽選会。最大の注目馬、アーモンドアイの抽選時には会場からも歓声が漏れ、有馬記念に対する熱気はすでに高まっておりました。
今年で64回目となる有馬記念はドリームレースにふさわしいメンバーが揃い、出走16頭中11頭がGⅠ馬という豪華メンバーとなりました。早速、有馬記念の出走馬をご紹介します。

1枠1番:スカーレットカラー 
1枠2番:スワーヴリチャード ※ジャパンカップ(2019)、大阪杯(2018)優勝
2枠3番:エタリオウ
2枠4番:スティッフィリオ
3枠5番:フィエールマン ※天皇賞(春)(2019)、菊花賞(2018)優勝
3枠6番:リスグラシュー ※宝塚記念(2019)、コックスプレート(2019)優勝
4枠7番:ワールドプレミア ※菊花賞(2019)優勝
4枠8番:レイデオロ ※天皇賞(秋)(2018)、日本ダービー(2017)優勝
5枠9番:アーモンドアイ ※ドバイターフ(2019)、天皇賞(秋)(2019)優勝
5枠10番:サートゥルナーリア ※皐月賞(2019)、ホープフルステークス(2018)優勝
6枠11番:キセキ ※菊花賞(2017)優勝
6枠12番:クロコスミア 
7枠13番:アルアイン ※大阪杯(2019)、皐月賞(2017)優勝
7枠14番:ヴェロックス 
8枠15番:アエロリット ※NHKマイルカップ(2017)優勝
8枠16番:シュヴァルグラン ※ジャパンカップ(2017)優勝

中山馬主協会所属の4頭のオーナーからコメントをいただきました。

スワーヴリチャード 馬主:(株)NICKS
「スタートに難があるので、2.4.6が良いと思っていたので最高の枠だと思います。状態もジャパンカップ以上と聞いてますので、本番が楽しみです。」

フィエールマン 馬主:(有)サンデーレーシング
「凱旋門出走後ですが、疲れもなく順調に調整されています。G1、3勝目が欲しいです」

アルアイン 馬主:(有)サンデーレーシング
「マイルチャンピオンシップ出走後、調教では前向きさでて活気があります。皐月賞を勝った中山コースで改めて期待します」

アエロリット 馬主:(有)サンデーレーシング
「天皇賞(秋)出走後、じっくり時間をかけて調整しており、良い状態で出走できそうです。積極的な競馬で2度目のGⅠ制覇を願っています」

暮れを彩る16頭が中山競馬場2500m、約2分30秒の決戦に挑みます。各馬のオーナー・関係者・ファンの夢を乗せて、今、決戦の火ぶたが切られます!