きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2019.3.17

いざ大舞台へ

3月17日は、藤岡 佑介 騎手の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

日曜は中山競馬場でスプリングステークス、阪神競馬場では阪神大賞典が行われます。いずれもその先のG1戦線を占う重要なレースです。
スプリングステークスは、弥生賞、若葉ステークスにつづく皐月賞トライアルで、3着までに皐月賞への優先出走権が与えられます。皐月賞への最終切符をかけて競われ、いよいよ春本番、3歳クラシックも幕開けを強く感じさせます。

今年の3歳牡馬戦線は、昨年暮れにアドマイヤマーズ、サートゥルナーリアと無敗のG1馬が2頭誕生。しかし、共同通信杯で無敗馬の一角アドマイヤマーズが同じく無敗で乗り込んできたダノンキングリーに敗れ、かつ重賞2勝で格付けも高かったニシノデイジーが弥生賞で4着、ホープフルステークス2着のアドマイヤジャスタがすみれステークスで敗れたことで、主役が定まらずまだどこか混沌しているような印象を受けます。

今年のスプリングステークスは16頭が出走。人気の面では、ロードカナロア産駒で重賞2勝、朝日杯フューチュリティステークス4着のファンタジスト、朝日杯フューチュリティステークス2着のクリノガウディー、ディープインパクト産駒で前走福寿草特別で力強い競馬で勝ち上がったロジャーバローズ、2歳未勝利、若竹賞と中山で2連勝のヒシイグアスあたりが上位人気となっています。いざ大舞台へ、どの馬が最後の切符を手にするでしょうか。