きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2019.3.8

スーパーサタデー

3月8日は、加藤 祥太 騎手、嶋田 純次 騎手、新谷 功一 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

早いものでドバイワールドカップナイトまで残すところ3週間。明日土曜は、メイダン競馬場を舞台に本番と同コース同距離の最後にして最大のトライアルレースを網羅した「スーパーサタデー」が開催されます。世界最高賞金のワールドCと同コース同距離で行われるG1アルマクトゥームチャレンジラウンド3は、G2時代にレッドディザイアが世界の強豪をなぎ倒したこともあるレースですが、今年は日本馬の出走はなくワールドC連覇を目指すサンダースノーの独壇場といったムードです。もう一つのG1レースがドバイターフのトライアルとなるジェベルハッタ。ドバイターフは昨年5頭と大挙出走した日本勢を手玉に取ったベンバトルが出走自重でアーモンドアイ、ヴィブロス、ディアドラの日の丸牝馬トリオが有力視され、日本馬勝利への期待がもっとも高いレースとなっています。

今年のジェベルハッタは、出走10頭中5頭がゴドルフィンの所属馬で、他にもモハメド殿下の親戚筋のハムダン殿下が2頭出し、ロイヤルブルーの勝負服だらけという顔ぶれになっています。ベンバトルのサイード・ビン・スルール調教師が「彼がいなくても大丈夫」と自信を覗かせるのはドリームキャッスルというフランケル産駒。昨秋に去勢手術を行い馬が変わったように充実を見せ、今季はメイダンのG3シングスピールS、G2アルラシディアと本番と同距離のレースをいずれも完勝して2連勝を飾っています。スルール師と並ぶゴドルフィン専属厩舎のチャーリー・アップルビー師は昨年の覇者ブレアハウスなど4頭出し。ベンバトルの主戦オイシン・マーフィー騎手はセンチュリードリームでロイヤルブルー軍団に斬り込みます。

いずれにしろアーモンドアイへの挑戦者決定戦といった趣きなのは否定できません。ドバイターフのブックメーカーの現時点オッズでは、アーモンドが2.2倍の1番人気ですが、まだまだ支持が上がりそうで最終的には1倍台になるのでしょうか?ドリームキャッスルが2番人気ですが、ジェベルハッタのレース次第で変動しそうです。ディアドラ、ヴィブロスは、セントジェームズパレスSを父フランケル同様に無敗で父子制覇したウイズアウトパロールと並んで3番手グループの評価です。日本最強馬アーモンドアイの晴れ姿を願う意味からも見逃せない一番になりそうです。