きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2019.3.3

クラシックへの蹄音

3月3日は、萩原 清 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

土曜、阪神競馬場で桜花賞トライアルのチューリップ賞が行われました。レースには2歳女王のダノンファンタジーが出走。好スタートから道中3番手を追走し、直線前が壁になるもその横に進路をとり、最後は追い込んできたシゲルピンクダイヤに1馬身差をつけての完勝でした。直線で前が塞がったときはどうなるかと思ったものの、終わってみればダノンファンタジーの強さを改めて実感したレースとなりました。桜花賞でも堂々主役を務めることとなるでしょう。
今年の牝馬クラシック戦線は、ダノンファンタジーが中心となって展開していきそうです。

牝馬クラシックと同様、牡馬クラシックの蹄音も聞こえ始めてきます。日曜中山競馬場では皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。
京成杯を勝ったラストドラフト、札幌2歳ステークス、東スポ2歳ステークスの重賞2勝馬ニシノデイジー、ディープインパクト産駒のカントル、サトノラディウス、ホープフルステークス5着のブレイキングドーンが10倍を切るオッズで上位人気となっています。1番人気になっているラストドラフトは、2011年桜花賞馬マルセリーナの初仔になります。先月東京競馬場で行われた共同通信杯では、ダノンキングリーが上がり最速タイムで朝日杯フューチュリティステークス馬アドマイヤマーズを撃破しクラシック戦線に名乗りをあげました。弥生賞からはどの馬が抜け出してくるでしょうか。牡馬クラシック戦線の勢力図が徐々に色塗られていきます。