きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2018.11.20

レース回顧:マイルチャンピオンシップ

第35回マイルチャンピオンシップ(GI)京都競馬場 芝1600m

日曜、京都競馬場で行われた第35回マイルチャンピオンシップ(GI・芝1600m、馬場:良)は、5番人気ステルヴィオ(牡3)が好位追走から直線抜け出して優勝。史上5頭目となる3歳馬でのマイルチャンピオンシップ制覇を成し遂げました。2着にはアタマ差で3番人気ペルシアンナイト(牡4)、3着にはそこから1馬身1/4差でアルアイン(牡4)が入り、1番人気に支持されたモズアスコット(牡4)は13着の結果となりました。

勝ち馬の血統

ロードカナロアキングカメハメハKingmamboMr. ProspectorRaise a Native
Gold Digger
MiesqueNureyev
Pasadoble
マンファスラストタイクーントライマイベスト
Mill Princess
Pilot BirdBlakeney
The Dancer
レディブラッサムStorm CatStorm BirdNorthern Dancer
South Ocean
TerlinguaSecretariat
Crimson Saint
サラトガデューCormorantHis Majesty
Song Sparrow
Super LunaIn Reality
Alada
ラルケットファルブラヴFairy KingNorthern DancerNearctic
Natalma
Fairy BridgeBold Reason
Special
Gift of the NightSlewpySeattle Slew
Rare Bouquet
Little NanaLithiot
Nenana Road
アズサユミサンデーサイレンスHaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ファーストクラストウショウボーイテスコボーイ
ソシアルバターフライ
スイートコンコルドパーソロン
スイートルナ

牝系

  • ラルケット (牝 ファルブラヴ)
    クイーンC(G3) 3着
    • ボルゲーゼ (セ キングカメハメハ)
    • カルナローリ (牝 ハービンジャー)
    • ステルヴィオ (牡 ロードカナロア)
      マイルCS(G1) 1着、スプリングS(G2) 1着、朝日FS(G1) 3着、毎日王冠(G2) 3着、サウジアラビアRC(G3) 3着
    • ヒシゲッコウ (牡 ルーラーシップ)

同系配合(父ロードカナロア ☓ 母父ファルブラヴ)の主な活躍馬

  • -