きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2018.1.8

春に花咲く蕾のごとく

ようこそいらっしゃいませ。

日曜中山競馬場で行われた3歳牝馬重賞フェアリーステークスは、2番人気のプリモシーンが道中中団を追走し、4コーナーで早めに進出、直線残り200mで先頭に立って後続の追撃を振り切り初の重賞タイトルを手にしました。鞍上の戸崎騎手は、前日の中山金杯につづいての2日連続重賞制覇。2着には6番人気のスカーレットカラーが入り、3着レッドベルローズ、1番人気のテトラドラクマは6着の結果でした。

プリモシーンは父ディープインパクト、母父ファストネットロック、母モシーンの血統です。母モシーンは現役時代に重賞6勝、うちG1・4勝した馬でVRCオークス(G1)では9馬身差をつけて圧勝したほどの歴史的名牝になります。その血を受け継いだプリモシーンは、デビュー戦こそ2着に敗れるもつづく未勝利戦では今回1番人気だったテトラドラクマと叩き合いを演じ、クビ差差し返して勝負根性を発揮。3ヶ月の休養を挟み、フェアリーステークス優勝となりました。

フェアリーステークスは過去メジロラモーヌやエルプスの名牝を送り出しているレースですが、以降牝馬クラシック戦線へとつながりにくくなっているレースです。
今年の優勝馬はこれまでとは違う? 春に花咲く蕾のごとく、今年のフェアリーステークス出走各馬には、その後の活躍を期待したくなります。