きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2018.1.1

謹賀新年

1月1日は、藤岡 健一 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
あけましておめでとうございます。

年があけて馬齢もひとつ重ねて、中央競馬も新しい一年のスタートとなります。
オルフェーヴルにロードカナロアの新種牡馬に期待を高めた2歳世代が、今年クラシックを賑わせます。牝馬戦線は阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったオルフェーヴル産駒ラッキーライラックが中心となって動いていくのでしょう。牡馬戦線は、ハイレベルな混戦模様。朝日杯フューチュリティステークスのダノンプレミアムに、ホープフルステークスのタイムフライヤー、東スポ2歳ステークスのワグネリアンにモーリスの全弟ルーカスなど、各馬の激突が楽しみです。

古馬戦線はジャパンカップ馬シュヴァルグランに、古馬となりダービー馬レイデオロ、菊花賞馬キセキ、スワーヴリチャードらが王者を目指して始動していきます。サトノダイヤモンド凱旋門賞出走後にじっくりと休養をとり、再びターフへと戻ってきます。新しい競馬模様が繰り広げられていきそうです。

中央競馬は1月6日、東西両金杯からスタートします。今年も中山競馬ならびに中央競馬をよろしくお願いいたします。