きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.10.15

混戦模様

10月15日は、川田 将雅 騎手、西谷 誠 騎手、池上 昌弘 調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

今年の秋華賞は大混戦となっています。前日オッズではリスグラシュー4.1倍、アエロリット4.2倍、ファンディーナ6.9倍、ラビットラン7.7倍、ディアドラ7.7倍、モズカッチャン9.2倍と6頭が10倍を切るオッズで横並び。まるで古都に多くの華がひしめき合い、クラシック最後の舞台で咲かせる花の蕾を抱え彩りを競い合っているかのようです。

振り返れば今年の3歳牝馬クラシック戦線は、牡馬をも凌駕する強さと話題を振りまいてのスタートでした。フランケル産駒ミスエルテが2歳新馬で颯爽とデビュー。ファンタジーステークスから朝日杯フューチュリティステークスに挑めば、同じくフランケル産駒のソウルスターリングがアイビーステークスで牡馬を蹴散らし阪神ジュベナイルフィリーズを2歳女王の座を獲得。年明けデビューしたディープインパクト産駒のファンディーナが3連勝で皐月賞参戦。69年ぶりの牝馬優勝の声も高まり1番人気に支持をされれば、
NHKマイルカップではアエロリットが優勝。2着にリエノテソーロが入り、牝馬のワンツーと、3歳牝馬が話題を集めました。

その牝馬クラシック最後の冠を手にするのはどの馬になるのでしょうか? 最後の最後まで結果がもつれそうな今年の秋華賞となっています。