きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.2.2

ようこそいらっしゃいませ。

東京で根岸ステークス、京都でシルクロードステークスとそれぞれ重賞が行われます。

東京のメイン、根岸ステークスはフェブラリーステークスへ向けての前哨戦です。本番とは200m距離が短いレースになりますが、一昨年のフェブラリーSは、1着テスタマッタに2着シルクフォーチュンと根岸ステークスを経由した馬のワン・ツーでした。さて今年はどうでしょうか。

前売りオッズでは、ドリームバレンチノが3.6倍、ブライトラインが3.8倍、以下エーシントップ7.4倍、アドマイヤロイヤル7.7倍、ゴールスキー9.1倍、 スノードラゴン11.6倍とつづいています。

1番人気のドリームバレンチノは、昨年のこの時期は京都のシルクロードステークスに出走していた馬でした。同レースを優勝したドリームバレンチノは、ロードカナロアのライバルとして高松宮記念に出走するも2着に終わり、秋のスプリンターズステークスでも雪辱なりませんでした。そのドリームバレンチノが次走で向かった先が、初となるダートを舞台にしたJBCスプリントでした。エスポワールシチーを相手に2着と好走したドリームバレンチノはダート2戦目となった兵庫ゴールデントロフィーでは斤量59キロを背負うも早め先頭に立つレースで優勝。2着に4馬身差をつけての圧勝でした。

今回は中央を舞台にしたダート出走です。昨年のこの時期とは違う自身の姿を、どのような形でアピールするでしょうか。