きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.2.10

ようこそいらっしゃいませ。

9日、京都競馬場ではきさらぎ賞が行われました。バンドワゴンとトーセンスターダムの無敗馬同士の一騎打ちに注目が集まったレースは、ゴール寸前でトーセンスターダムがバンドワゴンをアタマ差交わして優勝。無傷の3連勝で重賞初制覇となりました。

トーセンスターダムの母アドマイヤキラメキは、半弟に天皇賞(秋)を驚異的なレコードで勝ったトーセンジョーダンや一昨年のダービーでディープブリランテの3着に入ったトーセンホマレボシがいる血統です。祖母のエヴリウィスパーは、Crafty Wifeの血を受け継いだ馬で2009年に天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップと連覇したカンパニーやアルゼンチン共和国杯を勝つレニングラードも同じくCrafty Wifeの血を持つ馬でした。

トーセンスターダムは2012年のセレクトセールで1歳時に2億5000万円の評価がされた馬で、その期待に応える今回の勝利でした。レッドリヴェールにハープスターを筆頭とした強い牝馬に注目が集まっている今年の世代ですが、牡馬戦線も徐々に隊列が整えられてきているようです。

10日(月)は、1回東京3日目が行われます。先週土曜の代替開催です。今週来週と3日間、どうぞ競馬をお楽しみください。