きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.2.15

ようこそいらっしゃいませ。

金曜日は関東でも午前中から積雪となりました。先週末につづいての大雪です。交通機関にも影響がでました。早めに帰宅された方も多かったのではないでしょうか。

先週は東京都心で積雪27センチと45年ぶりの大雪でしたが、今回もその記録に並びました。埼玉県熊谷市では積雪62センチとなり、統計のあるおよそ120年間の記録の中で最も多くなりました。土曜日は東京では雨になりましたから、雪も消されていくでしょうが、それにしてもすごい積雪でした。

この記録的な大雪のため、15日(土)の東京競馬は中止になりました。先週8、9日、そして今週15日と2週つづけての中止です。代替競馬は、2月18日(火)に出馬表を変更せずに施行されることになりました。同一場での3日連続開催中止は史上初めての出来事のようです。

東京新聞杯に登録していたダノンシャークは再輸送の馬への負担なども考慮され、レースは回避となりました。再度調整し3月2日の阪急杯へ向かうようです。天候のことですから仕方ないとはいえ、中止がつづくと愛馬の体調維持・管理にも影響がでてきます。明日16日(日)と代替競馬の17日(月)、18日(火)は無事レースが行われることを望みます。

15日の東京開催は中止となりましたが、京都と小倉はレースが行われます。京都競馬はレース開催時間が変更となり、5レースは芝外回りにコースが変更になっています。ご注意の上、週末の競馬をお楽しみください。