きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.2.6

マイル戦国時代の序章

ようこそいらっしゃいませ。

日曜東京競馬場ではマイル重賞の東京新聞杯が行われました。今年の東京新聞杯には、年明け京都金杯から始動したエアスピネルがマイル重賞連勝を狙い出走。単勝1.8倍と人気を集め、2番人気は昨年マイル重賞連勝の実績を持つヤングマンパワー、3番人気がブラックスピネルといったオッズ順でのレースでした。

勝ったのは3番人気のブラックスピネルでした。ブラックスピネルは絶好のスタートから先手を奪い、直線に入ってからも先頭をキープしたままプロディガルサン、エアスピネルの追撃をしのいで逃げ切り勝ち。初の重賞タイトルを手にした結果となりました。
2着にはクビ差でプロディガルサン、エアスピネルはそこから半馬身差の3着でした。逃げ馬不在でペースが遅くなることは想定されていたものの、ブラックスピネルの前半800m通過タイムが49秒8。1000m通過タイムが1分2秒2。昨年スマートレイアーが勝った同レースの1000m通過タイムが1分0秒6で、その前の年は1分0秒5。さらにひとつ遡って2014年のレースは1000m通過58秒1ですから、いかに今年のレースがスローだったかが伺えます。それだけうまくブラックスピネルがペースを作れた結果でした。
ブラックスピネルは京都金杯でもエアスピネルにハナ差まで迫っていましたし、今回重賞を手にしたことで今年の走りさらに期待ができそうです。

2着に入ったプロディガルサンはリアルスティールの全弟で、世代屈指の超良血馬とデビュー時から注目されていた馬です。休養を挟みながら調子を整えられてきて、今後につながるレースができたことでこの先、さらに力をつけていきそうな予感がします。

今年のマイル路線は、その道を待望されていたエアスピネルが中心となって展開していくと思われていたものの、こうして続々と明け4歳馬が台頭してくると、まさにマイル路線は戦国時代に突入、東京新聞杯はその序章にすぎず、とそう感じさせられます。