きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.8.27

秋の蹄音ぞくぞくと

ようこそいらっしゃいませ。

先週はマイル王モーリスの札幌記念参戦に話題が集まった週末でした。レースでは2着に敗れたモーリスですが、次走はマイル路線ではなく天皇賞(秋)へ直行、香港マイルまたは香港カップでのラストランが描かれました。その天皇賞(秋)には欧州遠征で世界に名を馳せたエイシンヒカリも出走を予定。栗東へと帰厩し、レースへ向けて調整が進められています。この両馬の激突だけでも注目度大ですが、活きが良い3歳馬からはリオンディーズが参戦を予定。神戸新聞杯から天皇賞(秋)へのプランが報じられています。また一級品の末脚で3つの重賞タイトルホルダー・スマートオーディンも無冠返上へ、毎日王冠から天皇賞(秋)に乗り込んできます。天皇賞(秋)出走予定馬には4歳馬リアルスティールの名も刻まれるなど、非常に楽しみなレースとなりそうです。

3歳クラシック戦線では、皐月賞ディーマジェスティが26日美浦トレセンへ帰厩。セントライト記念から菊花賞へ向けての調整が進みます。当初、凱旋門賞も視野に入っていたダービー2着馬のサトノダイヤモンドは、神戸新聞杯から菊花賞を予定。ダービー4着のエアスピネルも同じ路線で最後の一冠を狙います。牝馬戦線では桜花賞馬ジュエラーが戦線へと復帰。ローズステークスから秋華賞へと向かいます。オークス馬シンハライトも同じローテーションが組まれました。前哨戦から両馬の激突に注目が集まりそうです。

8月も来週がラストウィーク。秋の訪れとともに、有力馬の蹄音がぞくぞくと高まってきています。