きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.8.16

目覚めたダートの血

ようこそいらっしゃいませ。

先週日曜札幌競馬場ではダート重賞のエルムステークスが行われました。勝ったのは7番人気の伏兵リッカルドでした。レースは1番人気のモンドクラッセが逃げてペースを作り4番人気のクリノスターオーが2番手追走。勝ち馬リッカルドが先頭から6番手でレースを進めて、4コーナーで徐々に前に進出し、直線でモンドクラッセが逃げ切り体勢に入ったところを捉えて先頭に立ちそのまま押し切ってのゴールでした。2着にはクリノスターオーがクビ差で入り、3着に逃げたモンドクラッセが残った結果となりました。

勝ったリッカルドは父フサイチリシャール、母父オペラハウス、母キョウエイハツラツの血統になります。リッカルドは2歳デビュー戦からダート路線を走りつづけ、大きく崩れることはあまりなく堅実な走りを見せてきた馬で前走1600万下条件戦を勝ち、今回初の重賞チャレンジで見事タイトルを手にしました。リッカルドの父フサイチリシャールは2005年の朝日杯フューチュリティステークス馬で、共同通信杯2着、スプリングステークス2着で皐月賞までクラシック戦線の主役の1頭になっていた馬でした。2番人気に支持された皐月賞で5着後、父クロフネが走ったNHKマイルカップへ参戦。6着に終わりダービーの舞台ではメイショウサムソンの8着と、秋を待たずしてクラシックの舞台から外れていく形となります。そのフサイチリシャールは神戸新聞杯から武蔵野ステークスに出走。ダート路線に活路を見出そうとするも結果振るわず、再び芝路線を歩み種牡馬となります。

フサイチリシャール産駒では今年障害競走で4連勝中のニホンピロバロンがいます。平地では今回のリッカルドが産駒初の重賞制覇となりました。母キョウエイハツラツの半弟にはダートG1を勝ちまくったスマートファルコンがいます。リッカルドは今年5歳の騙馬で、まだまだ力を伸ばしてきそうな印象です。ダートの血がエルムステークスの勝利で覚醒したとすれば、秋のダート路線に楽しみな1頭が登場したといえるでしょう。