きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.7.15

シリーズチャンピオンを目指して

ようこそいらっしゃいませ。

今週はサマー2000シリーズ第2戦となる函館記念が函館の芝2000mで行われます。夏競馬を盛り上げるサマーシリーズですが、昨年のサマー2000シリーズチャンピオンは函館記念を制したダービーフィズなのを皆さんご存知でしょうか。波乱の多いレースで知られる函館記念ですが、ダービーフィズは3番人気と上位人気馬でした。それでもクビ差の2着となったハギノハイブリッドは10番人気。3着も7番人気のヤマカツエースでしたから、3連単の配当は124,990円の高配当となりました。

過去には2013年の優勝馬トウケイヘイローや2012年優勝馬のトランスワープらもダービーフィズ同様、同年のサマー2000シリーズの王者に輝いています。トウケイヘイローは函館記念と札幌記念を勝ち、トランスワープも函館記念と新潟記念を勝ち、シリーズ王者となりました。

今では夏の代名詞となったサマーシリーズ。
10年目の節目を迎える今回、注目なのはスマートストライク産駒のレッドレイヴン。前走のオープン特別・巴賞では1番人気に応え、見事優勝。円熟味を増したその馬体から、初重賞優勝の気配さえ漂っています。父スマートストライクの代表産駒には、BCクラシックやドバイワールドカップを優勝したカーリンがいます。さらに母方の兄弟には1999年の有馬記念を勝ったグラスワンダーもいますから、この良血馬が見せるシリーズ王者への第一歩を期待しましょう。

他にも半兄にリアルインパクトやアイルラヴァゲインといった活躍馬がいるネオリアリズム、長距離で無類の強さを見せるトゥインクル、シリーズ王者復活を狙うダービーフィズらもいます。洋芝のタフな馬場をさっそうと駆け抜け、優勝を手にするのは一体どの馬になるのでしょうか。今週唯一の重賞競走、函館記念に要注目です。