きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.5.29

ダービー、この日のために

ようこそいらっしゃいませ。

2016年日本ダービー当日を迎えました。今年は例年にも増してハイレベルな大激戦となっています。前日オッズが発表されました。単勝1番人気は3.0倍で皐月賞馬ディーマジェスティとなりました。共同通信杯6番人気、皐月賞8番人気から一転、主役の1頭としてダービーの舞台に立ちます。2番人気は単勝4.2倍で皐月賞2着のマカヒキで、3番人気は皐月賞3着のサトノダイヤモンドで4.5倍、4番人気が朝日杯フューチュリティステークス馬のリオンディーズで6.2倍と、ここまでが単勝ひと桁台のオッズとなり、以下スマートオーディンが10.7倍、ヴァンキッシュランが15.6倍、エアスピネルが18.6倍、エアスピネル以降はレッドエルディストが単勝53.7倍と大きく離れてつづきます。NHKマイルカップ2着のロードクエストですら単勝60.7倍のオッズですから、いかに上位人気馬の実力の高さが伺いしれます。

今年の3歳世代は振り返れば昨年のダービー翌週、カジノドライヴ産駒のコウエイテンマにステイゴールド産駒のペルソナリテが世代一番星となってスタートが切られました。新潟2歳ステークスではロードクエストが圧巻のレース内容で重賞を制覇、セレクトセール取引額総額5億を超える伝説の新馬戦でサトノダイヤモンドがデビュー、朝日杯フューチュリティステークスでは武豊騎手のJRA平地G1完全制覇の夢をリオンディーズが直線抜き去り世代王者となれば、暮れのホープフルステークスでは新潟2歳王者を下したハートレーが一躍世代の実力馬としてその名を浮上させました。
年が明けて3歳戦線の主役に登場したのがマカヒキでした。弥生賞では2歳王者を撃破。3強の一角としての地位を得ます。そして迎えた皐月賞。クラシック一冠目のレースを制覇したのは、3強ではなく共同通信杯を勝ちながらも8番人気となっていたディーマジェスティでした。すべての物語は、今日、この日のために描かれてきたといってもよいでしょう。

そのダービーの舞台で描かれる物語に、今年はどんな結末が用意されているのでしょうか。それは過去幾多の名勝負に匹敵する、あるいはそれ以上の伝説として語られるレースを期待します。