きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.5.15

熾烈な女王をめぐる攻防

ようこそいらっしゃいませ。

日曜は東京競馬場で古馬女王決定戦のヴィクトリアマイルが行われます。今年で11回目の歴史を数えます。昨年のジャパンカップ優勝馬ショウナンパンドラに、オークス・秋華賞と昨年牝馬二冠のミッキークイーン、昨年の優勝馬でスプリント王者にも輝いたストレイトガール、昨年天才少女と謳われたルージュバックにマイル重賞連勝中のスマートレイアーら、女王を決めるにふさわしい素晴らしいメンバーが揃いました。

土曜時点でのオッズでは1番人気は単勝3.5倍でミッキークイーンとなりました。ついでショウナンパンドラが5.1倍で2番人気、スマートレイアーが7.4倍で3番人気、ルージュバックが8.6倍で4番人気、マジックタイムが9.2倍で5番人気とここまでが10倍台を切るオッズとなっています。昨年の優勝馬ストレイトガールは前哨戦の阪神牝馬ステークスの9着もあり単勝12.8倍で7番人気となっています。

昨年は18番人気のミナレットが大逃げの展開となり、そのまま後続を完封しにかかったところを2番手追走の12番人気のケイアイエレガントが交わして先頭に、さらに好位追走の5番人気ストレイトガールが人気薄2頭を交わして女王となり、3連単は2070万円の超がつく大波乱の結末となりました。さて今年はどんな結果となるでしょうか。