きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.10.2

ようこそいらっしゃいませ。

凱旋門賞のスタートが秒読みに入ってきました。史上稀に見る混戦模様となって、ブックメーカーの人気も斤量有利を買われているのでしょうか、3歳馬が上位を占めています。大手ウィリアムヒルはオークス、キングジョージを連勝したタグルーダを5.5倍の最上位にランク。日本のハープスターと地元のエクトーが6倍で続いています。みんな3歳ですね。これも3歳のアヴェニールセルタンとやっと顔を見せた古馬のジャスタウェイが7倍と接近しています。ゴールドシップも大きく人気を上げて8倍で続きます。トレヴはその次で10倍の低評価です。相対的に日本馬が高い支持を集めているのは心強い限りです。

『凱旋門賞ってのは、4コーナーで内を上手く捌いた馬が勝つレースさ。でも日本人騎手にはそれができる奴がいない』とハープスターの松田博資調教師が東京スポーツのインタビューに答えています。少ない見聞しかないのですが、その通りだと思いました。スミヨン、ムーア、ペリエ、去年の覇者トレヴのジャルネ、凱旋門賞を勝つジョッキーは皆んなイン捌きの天才です。まるで格闘技を思わせる厳しい試練にさらされながら、自らの肉体に刻み付けるように覚えてきた技なのでしょうね。外国人騎手偏重が批判される昨今ですが、松田師のおっしゃるような意味では、それも仕方のない面もあります。競馬レベル、歴史、経験、そして勝利に対する真摯な貪欲さの差なのでしょう。

大外一気の末脚を持ち味とするハープスターと出会って、この馬なら日本人騎手で勝負になると考えたそうです。だから勝っても負けても、いつもこの馬の長所を生かすレースをしろ、姑息に勝利を拾いにいくなと言い続けてきたのだ、と。見識だと思いました。松田師の悲願をかけた戦略がみのるのか、その点にも注目したい日曜日です。フジテレビ系でも中継されるようですから、楽しみに待ちたいと思います。