きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.1.18

ハービンジャー産駒2連覇

ようこそいらっしゃいませ。

日曜、中山競馬場では3歳重賞の京成杯が行われました。
前走同じ中山で同じ距離の未勝利戦を4馬身差で勝ち上がったウムブルフが4.1倍で1番人気に支持され、未勝利戦、葉牡丹賞と連勝中のメートルダールが4.2倍で2番人気、東京スポーツ杯2歳ステークスで0.2秒差のマイネルラフレシアが5.1倍で3番人気、朝日杯フューチュリティステークス4着のユウチェンジが7.9倍で4番人気、前走萩ステークスこそ5着に敗れたものの札幌2歳ステークス2着の実績を持つプロフェットが11.3倍で5番人気と人気上位を形成してのレースとなりました。

勝ったのは5番人気のプロフェットでした。道中はオンザロックスが1000m通過1分1秒8のゆったりとしたペースで逃げ、直線でオンザロックスが逃げ切りを図るところを残り100mを切った辺りで好位追走していたプロフェットが捉えて先頭に立ち、並んで坂を駆け上がったきたケルフロイデを1馬身1/4振り切っての勝利でした。2着にはケルフロイデが入り、3着は後方追走から物凄い末脚で猛然と追い込んできたメートルダールが入りました。プロフェットは初の重賞制覇。また、短期免許で初来日しているシェーン・フォーリ騎手にとってももJRA重賞初制覇となりました。

プロフェットは父ハービンジャー、母父タニノギムレットになります。そういえば昨年同じ京成杯を勝ったベルーフもハービンジャー産駒でした。京成杯2連勝です。
中山2000mでの勝利ですからクラシック皐月賞へとつながっていくわけですが、昨年暮れに同じ中山2000mのホープフルステークスで勝ったハートレーに、2着だったとはいえ新潟2歳ステークスで強烈な印象を残しているロードクエスト、あるいは朝日杯フューチュリティステークス1、2着のリオンディーズ、エアスピネル、さらには5億円対決で話題となったサトノダイヤモンドに、ロイカバードといずれも順調に勝利を重ねていますから、さらなる成長によって今後各馬との激突でどこまで割って入れるかになりそうです。
それにしても今年の3歳クラシックは目移りするメンバーが揃いそうですね。