きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.12.5

秋の砂王決定戦

ようこそいらっしゃいませ。

明日は中京のダート1800mで行われる砂王決定戦、チャンピオンズカップが行われます。昨年から名称がジャパンカップダートからチャンピオンズカップとなり、舞台が阪神から中京へ移り、新たな歴史を歩むこととなりました。数少ない中央GⅠのダート戦。多くのダート重賞戦線で実績を残してきた実力馬と徐々に力を付けた新興勢力の馬とが砂の覇を争う重要な一戦となります。

「世界に通用する強い馬つくり」のもとに1981年に芝2400mのジャパンカップが誕生し、その後、日本馬による海外のダート重賞への挑戦が増える中、2000年にジャパンカップダートが創設されました。今年もダート界を牽引してきた有力馬の多くがエントリーしています。

中でも注目は、現在4連勝中のノンコノユメでしょう。挑戦で繰り出される爆発的な末脚を武器に9戦5勝。特筆すべきはキャリア9戦すべてのレースで最速のあがりをみせるパフォーマンス力です。まだ3歳馬と若いながら、古馬たちを相手に世代交代も十分にありえますね。

対するはGI・JpanIで9勝を挙げるホッコータルマエ。ダート界のトップに君臨しているホッコータルマエが新世代の挑戦をどのように受け止め、記念すべき10勝目を達成できるのか注目です。

他にもJBCクラシックを勝ったコパノリッキーやGI勝ちこそないがGI馬と遜色のない走りを見せるサウンドトゥルー、ダート界の古豪ローマンレジェンド、ワンダーアキュートら一筋縄ではいかない猛者が揃っていますから、白熱した展開のレースが見れるでしょう。