きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.8.7

伝統のハンデ戦 小倉記念!

ようこそいらっしゃいませ。

現在サマーシリーズ真っただ中の夏競馬ですが、今週は小倉競馬場で伝統のハンディキャップ重賞の小倉記念が行われます。
小倉記念は小倉競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、長くファンに親しまれてきたレースです。サマー2000シリーズは七夕賞に始まり、函館記念・小倉記念・札幌記念・新潟記念と全5戦のトータルポイントで争われます。過去シリーズチャンピオンとなった9頭の競走馬の内、6頭が小倉記念に出走し、ポイントを加算しているだけに、シリーズの行方を占う上でも注目の一戦となりそうですね。

注目は、古馬ひしめく中距離戦線に3歳馬で唯一エントリーしてきたベルーフ。皐月賞以来の約3か月ぶりの実戦となりますが、調教具合はまずまずのようで、皐月賞の疲れはすっかりリフレッシュしたようです。
鞍上は今週が短期免許最終週となるZ.パートン。重賞制覇で今夏の競馬シーンに鮮烈なイメージを残せるでしょうか。楽しみですね。

注目と言えばもう一頭忘れてはいけないのが一昨年の小倉記念優勝馬のメイショウナルト。昨年もサマー2000シリーズの七夕賞を勝ち、サマーシリーズでは重賞2勝の実績馬です。前走の連覇がかかった七夕賞で惜しくも4着と残念でしたが、今年の成績を考えれば復調の兆しとみてもいいでしょうね。現在サマー2000シリーズでは3ポイントの7位タイと1位に7ポイントの差ですから今回の成績次第で、シリーズ王者の可能性も見えそうです。
また、同じく七夕賞で3着に入り、4ポイントを獲得した5位タイのマデイラも同じく負けられない戦いなのは間違いありません。
昨年の王者マーティンボロは小倉記念で2着、シリーズ最終戦の新潟記念で優勝し、逆転王者の座を掴み取りました。
過去にもスウィフトカレントやナリタクリスタルらも小倉記念と新潟記念ともに出走し、シリーズチャンピオンとなっています。

シリーズチャンピオンに縁のある小倉記念で王座にまた一歩近づけるのは一体どの馬でしょうか。秋のビッグレースにつながる夏の重賞競走は見逃せない一戦となりそうです。