きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.4.15

ようこそいらっしゃいませ。

良いお天気で皐月賞が迎えられそうで何よりです。前売りではグランデッツァが3.7倍、ワールドエースが3.9倍で1番人気を激しく争っています。ディープブリランテは5.9倍、ゴールドシップが6.5倍、ここまでが10倍以下ですから、4強対決の構図でしょうか。面白い皐月賞になりそうですね。

今年はきさらぎ賞がワールドエース、共同通信杯がゴールドシップ、道悪の弥生賞をコスモオオゾラが抜け出し、スプリングSはグランデッツァが鮮やかに差し切りました。ディープブリランテは共同通信杯とスプリングSがともに2着、前哨戦を眺める限りは傑出した存在が見当たりません。

ちょうど昨年もこんなムードでしたね。弥生賞を制したサダムパテックが2.5倍の1番人気に推されて、共同通信杯勝ちのナカヤマナイトが5.9倍の2番人気、暮れのホープフルSでそのナイトを破ったベルシャザール、スプリングSで新馬以来の勝利を収めたオルフェーヴル、きさらぎ賞制覇のトーセンラーと続きました。

三冠馬誕生の第1幕を見ることになるなどとは、当の池添謙一騎手、池江泰寿調教師も考えていなかった?どこにどんなドラマが秘められているか分からないから競馬は面白いんでしょうね。1年後、さらには遠い未来で、今年の皐月賞をどんな思いで語ることになるのでしょうか。