きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.10.8

ようこそいらっしゃいませ。

一夜あけると、悔しさよりは良い夢を見せてもらったと思い始めました。“神脚”としか言いようのない切れ味で抜け出してきた直線では“勝った”と誰もが心で叫んだことでしょう。(私は思わず声を上げてしまいましたが)

が、持ち前の気性ゆえか、全力を使い果たして苦しがったのか、多分その両方だったのだろうと思いますが、大外から内へ内へと切れ込み、最後はラチ沿いまで……。ペリエ騎手のソレミアにクビだけかわされてしまいました。残念無念、言葉もありません。でも3着のマスターストローク以下を7馬身も捨て去りました。“規格外”の力は存分に見せつけたと言って良いでしょう。

日本の超一流馬がそれなりの準備を重ねて臨むなら、世界最高峰レースでも通用以上の結果が残せることをオルフェーヴルは全身全霊で証明してくれました。大きな勇気をもらった思いでいっぱいです。

ちなみに馬主のサンデーレーシングさんは当協会員、暮れの有馬記念で再び勇姿に会えるのが楽しみですね。