きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.8.7

次回こそ

ようこそいらっしゃいませ。

日曜新潟競馬場で行われた3歳ダート重賞のレパードステークスが行われました。単勝1.5倍。遠征帰りでケガからの復活Vを期待された怪物エピカリスでしたが、4番手追走で道中を進めたものの直線伸びきれずに3着の結果に終わりました。直線でスペースがなく馬場内に進路を取るも、逃げ残るサルサディオーネをも捉えきれずの結果でした。

勝ったのは11番人気のローズプリンスダムでした。道中はエピカリスとほぼ同じ位置でレースを追走。直線では、空いたスペースで外に持ち出し、一気に加速して前を捉えての勝利でした。ローズプリンスダムは父ロージズインメイ、母父シンボリクリスエス、母クリスチャンパールの血統です。前走のジャパンダートダービーでは8着で、その前の鳳雛ステークスでも10番人気での勝利でした。今回初の重賞制覇で、鞍上の木幡巧也騎手にとってもデビュー2年目で初の重賞勝利となりました。

2着リヴェルディは逃げ粘っての着確保となりました。道中1000m通過が1分1秒7のペースで進めての逃げ残りでした。3着に敗れたエピカリスは、これが復帰初戦。次回こそはに期待がかかります。

次回こそ、といえば、小倉競馬場では小倉記念が行われ、JRA全10場重賞制覇に王手をかけている戸崎圭太騎手がサンマルティンで出走。直線先に抜け出して勝利かと思われたところで、馬場内からタツゴウゲキが迫り叩き合いの末、わずかハナ差およばず2着の結果でした。こちらも次回へとお預け、次回こそはのレース結果となりました。