きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.1.13

ようこそいらっしゃいませ。

日曜、京都競馬場で行われたシンザン記念は、1番人気のミッキーアイルが好スタートから先手を奪い、そのまま押し切り3連勝で初の重賞タイトルを手にしました。ウインフルブルームも道中2番手から直線でミッキーアイルに迫り、結果2着でしたが非凡なスピードを魅せてくれました。

ミッキーアイルは、父ディープインパクト×母父ロックオブジブラルタルの血統でノーザンダンサーの5x5x5x4のクロスを持つ馬です。デビュー戦こそ、朝日杯フューチュリティステークスで1番人気になったアトムの2着に終わるも、2戦目の未勝利戦では従来のレコードタイムを1秒1更新しての圧勝。2着を5馬身ちぎる快走を魅せ、つづくひいらぎ賞も逃げ切り勝ち。このときの勝ち時計が翌日同じコースで行われた朝日杯フューチュリティステークスのタイムを0秒5上回り能力の高さをしめしていました。3歳牡馬戦線で非常に楽しみな1頭となりそうです。

3日開催の最終日は、中山競馬場でフェアリーステークスが行われます。新馬戦を勝ったばかりのオメガハートロックが単勝4.1倍、朝日杯フューチュリティステークスにチャレンジしたグリサージュが6.2倍、以下、イントロダクション7.1倍、エクセレントビュー7.3倍、リラヴァティ8.4倍、シーロア9.6倍と単勝ひと桁台の人気馬がつづき上位が拮抗しています。

今年の3歳牝馬戦線は強力なメンバーが揃っていることもあり、このフェアリーステークスからも期待の星の登場に期待を寄せたいと思います。