きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.1.22

若駒の季節

ようこそいらっしゃいませ。

土曜京都競馬場で行われた3歳オープンの若駒ステークスは、アダムバローズの勝利となりました。
スタートから先手を奪いそのまま逃走。道中1000m通過1分1秒2でペースを作り、直線では2番手追走のダノンディスタンスと叩き合いの末、ハナ差先頭を譲らずでの勝利でした。今年の若駒ステークスは5頭立て。アダムバローズは出走馬中5番人気での勝利でした。
当初若駒ステークスの登録馬には父キングカメハメハ、母父ディープインパクト、母母エアグルーヴの超良血馬ヴァナヘイムの名がありました。しかし骨折により出走取り消し。昨年の優勝馬マカヒキと同じ勝負服で父ディープインパクトのインウィスパーズが人気を受け継いだ形となりましたが、結果4着に終わりました。

若駒ステークスというと昨年のマカヒキにその父ディープインパクト、あるいはアンライバルド、トゥザワールド、ヒルノダムールらその年のクラシックで中心となる馬を送り出しています。毎年少頭数の出走ながらも、この舞台を走り抜けた歴代の名馬の活躍もあり、クラシックを連想させるレースとなっています。
今年は最低人気のアダムバローズが勝ちました。今年のクラシック戦線は波乱含みなのでしょうか。まだ1月ながらも、春をにじませる若駒の季節です。

日曜は中山競馬場でアメリカジョッキークラブカップ、中京競馬場で東海ステークスが行われます。
アメリカジョッキークラブカップは1回中山開催オーラスを飾るレースです。古馬の中長距離路線を占う重要な一戦です。明け4歳のゼーヴィントと5歳馬リアファルが人気を二分しています。最強世代と称される4歳馬が勝つか、それとも他の世代が4歳世代を抑えるのか。楽しみなレースでもあります。