きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.5.1

ようこそいらっしゃいませ。

今週末のケンタッキーオークス&ダービーウィークエンドは、女性騎手ロージー・ナプラヴニクさんに注目しています。というのも3日のオークスで彼女は最有力馬アンタバブルで一昨年のビリーヴユーキャンに続いてオークス2勝目を狙います。4日のダービーでは惑星視されるヴィカーズイントラブルに騎乗する予定です。どちらも楽しみがある馬です。

彼女を女性騎手と考えない方が良いと思っています。それ以前に一流騎手であり、それがたまたま女性だった、そう考えるのが実際に近いだろうという気がしています。彼女は生き馬の目を抜くような激烈な米国競争社会の中で、一昨年は全米リーディングのトップ10に入っています。先述のようにビリーヴユーキャンのケンタッキーオークス、名門トッド・プレッチャー厩舎のシャンハイボビーではデビューから手塩にかけBCジュベナイルを無傷の5連勝で彼を2歳チャンピオンの座に導いています。

アンタパブルはG3レイチェルアレクサンドラSを勝ったばかり、上がり馬のイメージが強いのですが、9馬身半突き放した勝ちっぷりに凄みがあり、一躍女王候補に推戴されました。レース名の由来となったレイチェルアレクサンドラは09年のオークスを20馬身と4分の1もぶっちぎってスタンドを凍りつかせた歴史的女傑でした。そこまではどうかも、良いレースを見せてくれるでしょう。

ダービーはサンタアニタダービーを勝ち上がってきたカルフォルニアクロームが人気になっているようです。サラブレッドランキングでも124ポンドに評価され、このレーティングは3歳としては世界最高のランクです。ナプラヴニクさんのヴィカーズイントラブルは穴馬候補、でもとんでもないダークホースが出現してしまうのがケンタッキーダービーというレースです。距離が長いような気もしますが健闘を祈りましょう。