きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.5.12

ようこそいらっしゃいませ。

日曜東京競馬場で行われたNHKマイルカップは、逃げて逃げて連勝中のミッキーアイルが1番人気の支持にこたえ東京の長い直線を逃げ切って優勝しました。

ミッキーアイルはこれで5連勝です。最後はタガノブルグ、キングズオブザサンにクビ、ハナ差まで詰め寄られての辛勝でしたが、直線でフラフラになりながらも後続を抜かせない勝負根性は素質を充分に感じさせました。

逃げ続けて連勝といえば、稀代の逃亡者サイレンススズカを想い出します。サイレンススズカは4歳(現在の3歳)時、ときにスタート前にゲートをくぐったり、騎手との折り合いがつかなかったり、ハイペースでひたすら逃げ続け最後は失速したりとその才能を持て余しつづけていた馬でした。

それが一転、古馬になるとそれまでの走りがうそのようにレースを覚え、ときにレース中にひと呼吸入れて、最後に二の脚を使って後続をさらに突き放す走りも身につけていきます。年明けバレンタインステークスをかわきりに連勝がスタート。金鯱賞では同世代の菊花賞馬マチカネフクキタルを相手に、レース画面をひいてもひいても写りきらないほどの大逃げ大差で圧勝し、その才能は本格化、磨きがかかっていったのでした。

今回ミッキーアイルはクビ差の勝利でしたが、馬場の違いがあるとはいえ、2歳時に京都の芝1600mを1分32秒3で駆け抜けている馬です。まだまだ成長していきそうです。気が早いですが秋、それから来年古馬と、どこまで強くなるのか楽しみになってきました。