きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.11.29

有馬記念フェスティバル

ようこそいらっしゃいませ。

今週より5回中山競馬がスタート。中央競馬は年末の有馬記念へ向けてさらに盛り上がっていきます。先週ジャパンカップを制覇したキタサンブラックは、次走は有馬記念へと向かいます。その有馬記念には3歳菊花賞馬サトノダイヤモンドも参戦を表明。今年宝塚記念を勝ったマリアライトも予定通り有馬記念へと向かうことが報じられました。昨年のグランプリ馬ゴールドアクターに、重賞2着7回のシルバーコレクター・サウンズオブアースらが加わり、今年の有馬記念もより一層盛り上がりを魅せそうです。

さてその有馬記念ですが、昨年まで当協会では有馬記念を盛り上げるべく「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」を実施し、この時期にサイト上にて有馬記念プレミアムレセプションパーティーの告知と一般の競馬ファンの参加を募ってまいりました。平成22年より開催してきました「有馬記念プレミアムレセプションパーティー」ですが、すでに今年6月にお伝えしましたとおり、今年から日本中央競馬会が引き継ぐことなりました。
「第61回有馬記念 枠順(馬番号)公開抽選会」を「有馬記念フェスティバル」として開催。テレビで生中継し、一般ファン600名を観覧者として募集して開催することになったようです。一般ファンの観覧者応募はすでに締め切られておりますが、有馬記念アンバサダーとしてニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が就任し枠順抽選会に参加することも決定いたしました。

有馬記念出走関係者が一堂に会し、有馬記念の枠順(馬番号)の公開抽選を含め、ファンとともに年も来るべき有馬記念を大いに盛り上がるフェスティバルとなること期待いたします。