きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.7.19

ようこそいらっしゃいませ。

今週は函館競馬場で2つの重賞レースが行われます。土曜函館のメインは函館2歳ステークスです。

世代最初の重賞ウィナーを決めるレースで、昨年はバゴ産駒のクリスマスが2着プラチナティアラに2馬身差をつけ優勝。そのクリスマスは阪神ジュベナイルフィリーズ、オークスとG1を舞台に走り、先月に行われた函館スプリントステークスでは古馬相手にクビ、アタマ差の3着に入るなど、ひとつ年を越しておとなになった姿を魅せてくれました。

さて今年ですがヨハネスブルグ産駒のトウショウピストに話題が集まっています。母シーイズトウショウは3歳時に桜花賞でスティルインラブ、アドマイヤグルーヴの2強の間に割って入って2着となり、オークス以後は路線を短距離に絞り、CBS賞2度優勝、函館スプリントステークス連覇にセントウルステークスと短距離重賞を5つ勝った馬でした。1200mでめっぽう走ったその血が仔のトウショウピストにどう受け継がれているでしょうか。その走りを見たいと思います。

注目馬といえば、マイネルエスパス、アクティブミノルにも人気が集まりそうです。マイネルエスパスは、父はスプリンターズステークスでタイキシャトルを破ったマイネルラヴですし、アクティブミノルは先週の新馬戦では2着マコトグナイゼナウに5馬身差をつけての圧勝でした。

どの馬が世代最初の重賞ウィナーになるでしょうか。まだ幼さを残す初々しい走りを見届けたいと思います。