きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.8.1

ようこそいらっしゃいませ。

先週の札幌競馬場グランドオープンに続き、今週から新潟・小倉競馬の開催もスタートします。新潟競馬場ではサマースプリントシリーズ第3戦のアイビスSDが予定されています。

同レースはJRAの重賞競走の中で唯一、コーナーのない直線のレースが舞台となっています。過去の優勝馬には後のスプリンターズSで好成績を残す馬もおり、秋の短距離路線の動向を占う上で、重要なレースとなってくるでしょうね。

注目はファルブラヴ産駒のフォーエバーマークでしょうか。昨年のサマースプリントシリーズでは、3戦し〔1.1.1.0〕で連対率100%の好成績でしたが、惜しくもチャンピオンの座は逃しています。それゆえに、サマースプリントにかける想いは人一倍強いでしょう。美浦で行われた調教でも切れのある動きで、直線では馬なりのまま鋭い伸び脚を見せたようです。矢野調教師も「先週にしっかりとやって、きょうの動きも良かった。使いつつ調子を上げている」と調子は良さそうです。昨年のリベンジを果たし、シリーズチャンピオンに向けて勢いをつけたいところですね。

対するのは、今回のアイビスSDと同じコースで行われた韋駄天Sの優勝馬セイコーライコウ、同じく韋駄天Sでトップハンデを背負いながら3着に好走したアースソニック、一昨年の同レース優勝馬のパドトロワなど短距離コースを主戦場にしている実力馬でしょう。

直線のレースですが、単純にスピードだけでなく、騎手による駆け引きも勝つための重要な要素となってきます。鞍上の騎手と二人三脚でサマースプリント第3戦を制するのは一体どの馬でしょうか。