きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.8.5

ようこそいらっしゃいませ。

今週は新潟と小倉で重賞レースが行われます。新潟の重賞は、3歳ダート重賞レパードステークスになります。

レパードステークスは今年で6回目と浅い歴史の重賞ですが、第1回の覇者トランセンドにダート界の女王ミラクルレジェンド、ホッコータルマエ、ソリタリーキングなど、優勝馬、上位馬にはダート界に名を残す名馬が名を連ねています。

衝撃だったのは第1回のレースでした。創設されたばかりでグレードなしでのレースとなった年ですが、前走で古馬相手にレコードタイムで駆け抜けたトランセンドに、全日本2歳優駿覇者スーニー、ユニコーンS馬シルクメビウスなどの3歳ダート実力馬が揃い夏の炎天下のもとで激突したレースでした。

勝ったトランセンドは、全日本2歳優駿馬を3馬身ちぎり、のちにダートG1の一角を担うワンダーアキュートは繰り上げ5着になるも10馬身以上離され、ジャパンカップダート2着に根岸ステークス、武蔵野ステークスと勝つグロリアスノアですらまだこのときはトップから4秒以上離されての9着でした。2着に敗れたスーニもその後は2度のJBCスプリント制覇ですから密度の濃いメンバーが揃っていたのだと改めて実感します。

さて今年ですが次代のダート界を担う頼もしいメンバーがレースに登録しています。注目が集まりそうなのがアジアエクスプレスでしょうが前走ユニコーンステークスでは圧倒的人気を背負いながら、久々のダートが影響したのか12着と思わぬ敗退でした。今回は言い訳無用のレース。結果を出すことができるでしょうか。