きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.8.16

ようこそいらっしゃいませ。

土曜は小倉競馬場と札幌競馬場で2つの2歳オープン競走が行われます。

小倉は1200mで競われるフェニックス賞です。1ヶ月後に同じ舞台で行われる小倉2歳ステークスへの前哨戦で、フェニックス賞での活躍馬がそのまま小倉2歳ステークスでも好成績を収める傾向が高くなっています。このレースからの出世馬で想い出すのは2003年に優勝したメイショウボーラーです。

デビュー戦を逃げ切って勝ち上がったメイショウボーラーは2戦目となったこのフェニックス賞でも他を寄せ付けないスピードで2馬身半差をつけ連勝。小倉2歳ステークスではまだ成長過程だったのちの朝日杯FS馬コスモサンビームに5馬身差をつけ圧勝し、デイリー杯2歳Sと4連勝でG1の舞台へと立ち、翌年のクラシック戦線では皐月賞ではダイワメジャー、コスモバルクについで3着、NHKマイルカップでもキングカメハメハ、コスモサンビームの3着の成績を収めます。古馬になってからも活躍はつづき、ダート路線に転向して3連勝でフェブラリーステークスを勝つと、5歳になって出走したスプリンターズステークスではテイクオーバーターゲットの2着に入る好走を魅せました。

札幌の2歳オープンのコスモス賞は芝1800mで競われるレースで、最近では2011年の優勝馬としてゴールドシップを送り出したレースです。

今年のフェニックス賞は11頭、コスモス賞は9頭の出走です。夢追う初々しき出走馬の走りに、未来の活躍馬の誕生を期待してレースを楽しみたいと思います。