きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.8.24

ようこそいらっしゃいませ。

日曜札幌のメイン札幌記念は豪華な顔合わせとなりました。単勝オッズはゴールドシップが1.8倍、ハープスターが3.4倍、トウケイヘイローが7.6倍、以下ロゴタイプが12.6倍、エアソミュールが17.7倍、ラブイズブーシェが21.5倍とつづいています。それにしても今年の札幌記念は例年以上に豪華なメンバーが顔を揃えました。

ゴールドシップにハープスターの世界最高峰を狙う両頭の激突も興味深いですし、G1・2勝のロゴタイプも復活を目指してのレースですからここでまだまだその存在感を示してもらいたいところですし、昨年の同レース覇者トウケイヘイローも侮れない存在と見どころが多いレースとなりそうです。

札幌記念に注目が集まりますが、小倉ではサマースプリントシリーズ第4戦の北九州記念が行われます。例年ハイペースになることが多いレースで下位人気馬の激走も多く、昨年は6番人気の前走8着から巻き返して優勝、一昨年は8番人気のスギノエンデバーと12番人気のシゲルスダチのワンツーに6番人気のエピセアロームが3着に加わり、3連単は99万馬券となりました。

例年掴みどころが難しいレースで、今年はエピセアロームが4.3倍で1番人気、3歳牝馬のベルカントが6.5倍で2番人気、CBC賞3着のニンジャが7.4倍、今年2月から5月に1200mで3連勝したルナフォンターナが9.0倍、アイビスサマーDで4着のリトルゲルダが11.4倍とつづきます。さて今年はどの馬が、混戦状態の扉を開けるでしょうか。