きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.10.3

ようこそいらっしゃいませ。

今週はいよいよ秋のGⅠシリーズ第1戦のスプリンターズSが行われます。今年は12年ぶりに新潟競馬場でのGⅠ開催となり、春のスプリント王者コパノリチャードをはじめ、短距離のスペシャリストたちがエントリーしています。スプリントレースでは絶対的な強さを誇ったロードカナロアが引退したため、勢力図は混戦模様となっているようです。

注目は昨年のスプリンターズSで絶対王者ロードカナロアの牙城に着差0.1秒と迫ったハクサンムーンでしょう。前哨戦となった昨年のセントウルSでは休み明けのロードカナロアを負かしていますから、その実力はトップクラスでしょうね。父はドバイデューティーFや宝塚記念、ジャパンCを制したアドマイヤムーンで、母父は1400m以下のレースでは向かうところ敵なしだったサクラバクシンオーです。血統背景だけでもハクサンムーンが短距離戦で強さを発揮するのが分かります。

これに待ったをかけるのが春の短距離王者コパノリチャードでしょう。高松宮記念では朝から降り続いた雨の影響で不良馬場となったコースでただ一頭圧倒的な加速力をみせ、完勝。馬場状態不問のスピード・パワーを活かしてスプリントG I 春秋制覇を当然狙ってくるでしょうね。

電撃の6ハロン、およそ1分の攻防に息もつかせぬ好勝負を期待しましょう。