きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.12.11

有馬記念ファン投票結果

ようこそいらっしゃいませ。

今年の有馬記念のファン投票最終結果が発表されました。
有効投票数147万5755票のうち12万0981票を集めたゴールドシップが1位になりました。2位は11万3412票のラブリーデイで、3位が9万3925票のキタサンブラック、以下ミッキークイーン(7万8063票)、ショウナンパンドラ(6万9874票)、ドゥラメンテ(5万9968票)、イスラボニータ(4万8649票)、ヌーヴォレコルト(4万3368票)、リアルスティール(4万2170票)、モーリス(3万7067票)、マリアライト(3万7006票)、ルージュバック(3万4112票)、ラストインパクト(3万2308票)、ラキシス(2万6410票)、トーホウジャッカル(2万4800票)、ワンアンドオンリー(2万4211票)、エイシンヒカリ(2万2835票)、リアファル(2万2470票)、サウンズオブアース(2万2045票)、レッツゴードンキ(2万447票)となりました。

ゴールドシップは昨年につづいて2年連続ファン投票1位です。宝塚記念を含めれば4連覇になります。思えば2012年の春、中山の舞台で芦毛の馬体が躍動したとき誰もがその強さに舌を巻き、その走りに惚れ込みました。あの衝撃から3年。今回がゴールドシップの引退レースとなります。内田騎手とのコンビ復活も発表されました。ファンの後押しも受け、最後の最後でまたひとつ風が吹くでしょうか。

その有馬記念ですが、枠順公開抽選が昨年に引き続き実施されることも合わせて発表がありました。昨年は抽選で指名された順に希望枠順を選択するドラフト制でしたが、今年は抽選での枠順決定方式になりました。昨年のドラフト制の場合、その場ですぐ希望枠を決断しなければならず内枠・偶数番から埋まっていく傾向が強く出て、くじをひくハラハラ・ドキドキ感に欠いたところもありました。その点、今年は昨年とは違った緊張感が増すように思います。