きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.4.22

ようこそいらっしゃいませ。

先週半ばごろまで汗ばんだ気温から一転、週末は気温がグッと下がり、朝の東京都心の最低気温は5.3度と2月下旬並みの記録的な寒さとなりました。4月下旬の気温としては、1965年以来、48年ぶりの低い気温だったようです。

東北各地では季節外れの積雪となり、開催が行われていた福島競馬場でも雪で21日のレースが全レース中止となりました。21日の福島競馬(1回6日目)は29日祝日に代替開催となります。

先週末は3つの重賞レースが行われました。ヴィクトリアマイルへ向けての前哨戦、福島牝馬ステークスは1番人気に支持されたオールザットジャズが直線抜け出し昨年につづき同レース連覇を達成しました。去年のヴィクトリアマイルでは出遅れて結果が残せなかっただけに今年はぜひ念願のタイトル獲得を目指してください。

京都ではマイラーズカップが行われ、カレンブラックヒルにグランプリボスと3歳マイル王の両雄が激突しました。直線で先に馬群を割り抜け出したカレンブラックヒルでしたが、最後は大激戦。外から伸びたグランプリボスが半馬身差でサンレイレーザーを振り切り安田記念へ向けて大きく前進しました。

東京で行われたオークストライアルのフローラステークスは超新星・デニムアンドルビーが最後方からレースを進め大外から一気にまくる競馬で直線一気に先行馬を交わし優勝しました。2着にはフラワーカップ2着から挑んだエバーブロッサムが入り、桜花賞につづくデュープインパクト産駒のワンツーとなりました。

今週は古馬の覇権を賭けた決戦・天皇賞(春)が行われます。ダービー以来となるゴールドシップとフェノーメノの4歳両雄の激突に注目が集まります。