きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.4.26

ようこそいらっしゃいませ。

ここ数日、季節を少し押し戻したような肌寒い日が続きましたが、今週から春のG1シリーズ連続開催がスタートします。

初戦は京都競馬場で行われる天皇賞(春)ですが、今日はクラシック前哨戦の青葉賞についてお話しましょう。

青葉賞は本番のクラシック2冠目である日本ダービーと同じ東京・芝2400mの舞台で行われるダービートライアルレースです。

2着以内に日本ダービーへの優先出走権が与えられるだけに、ここでチャンスを掴めばホースマンが皆憧れるダービーオーナーへの道が開かれます。

一昨年の優勝馬ウインバリアシオンは、ダービー当日の10番人気の低評価を覆す、のちの三冠馬オルフェーヴルの2着に好走。昨年の優勝馬フェノーメノは、ダービー馬ディープブリランテのハナ差2着と大激戦を演じ、青葉賞優勝馬の実力は証明されていますね。

皐月賞馬のロゴタイプに待ったをかける為にも、なんとしても優先出走権を手に入れなくてはなりません。

皐月賞3着馬のコディーノと東京スポーツ杯2歳Sで勝ち負けを争ったレッドレイヴンや日本ダービーとジャパンCを制したジャングルポケットの血を引くダービーフィズ、今やサイヤーランキングでトップをひた走るディープインパクトの子ヒラボクディープとラストインパクトなど素質十分な競走馬達が集結しています。

皐月賞組へ挑戦状を叩きつけ、ダービー馬の称号を手に入れることができか。東京競馬場芝・2400mmの舞台に注目しましょう。