【第4回】これからの夢
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

金子騎手にお越しいただいてのインタビュー。今回は、競馬以外での趣味、これからの夢についてお話をお聞きしました。

エゴサーチしますか?

金子騎手の競馬以外での趣味に切り込んでいくキャプテン

渡辺:競馬関係者の方に趣味をお聞きしているのですが、競馬が趣味という方が多いんですよ。金子騎手は競馬以外での趣味はいかがですか?

金子:特別これという趣味はないのですね。強いて言えば、みんなで楽しみながらお酒を飲んで、和気あいあいとするのが楽しいです。

渡辺:競馬関係者は皆さん忙しいですよね。レースがないときってどんなことをされているのですか?

金子:ボクの場合は、月曜日に時々牧場に行ったり、調教に行って空いている時間に自主的にトレーニングして体重調整したりしてます。一流ジョッキーですと調教に牧場、馬主さんとのお付き合い含めて年中飛び回って忙しくされている方もいますし、ボクはそこまでではないので、忙しくない方ですよ。

渡辺:丸一日スケジュールが空いているときは何をされていることが多いですか?

金子:ネットサーフィンしたり、パソコンを見ていることが多いですね。

渡辺:エゴサーチ(自分で自分の名前を検索すること)とかされるのですか?

金子:メンタルが強い方ではないので、あまりエゴサーチはしないです。特に人気馬で負けたときは、なるべくその馬で検索しないようにしてます(笑)。

渡辺:ジョッキー同士で飲みに行ったりすることもあるのですか?

金子:スタッフの方やそれこそいろんな方と行きますよ。たまに若手ジョッキーと飲む機会があると、いろんな話が聞けて楽しいですね。若いと熱くていいです(笑)。ボクみたいなしおれかけてきた年ごろには、いい意味で刺激になります。

渡辺:君たち青いなぁとか思いませんか(笑)?

金子:ボクなんか40歳近くなってきてこれまで心が何度も折れて落ち着いてきちゃったけど、若いとギラギラみなぎっていていい意味で刺激的ですよ。

これからの夢

「障害レースを盛り上げていきたい」と金子騎手

渡辺:騎手の方は携帯電話の取扱いも厳しいと聞きますが、土日の移動の際など、携帯電話は使用できるのですか?

金子:規則を越えた使用はできませんね。調教師の先生に騎乗した馬のことを伝えたり、明日跨る馬の先生に挨拶したりといった業務連絡に限られます。調整ルームに入ったらもちろん携帯電話は預けて外部とは接触NGですし、何かあったときでも係員が立ち会いのもとで電話しないといけないんですけど、レースが終わって外に出たときの連絡には、ないと困るツールになってます。

渡辺:テレビとかってご覧になりますか?

金子:決まった番組とかはないですけど、見てますよ。妻がテレビのアシスタント・プロデューサーだったので、テレビに向かってツッコミ入れると「大変なんだよ」って怒られますね(笑)。

渡辺:日々の生活の中で一番幸せを感じるときはどんなときですか?

金子:そうですね。障害レースに乗って無事に家に帰ってきて、飲むビールの一杯目が一番幸せを感じますね。今週も無事にやりきったというか、勝っても負けても最初のビールは格別です。

渡辺:もしこの世に競馬がなくなったら、どうしますか?

金子:中学卒業してから馬一筋なので、難しいですね…。お偉いさんのところで掃除でもしましょうか(笑)。逆にお笑いがなくなったら、キャプテンさんは何をされるんですか?

渡辺:ボクはバイトしながらでも馬券を買い続けますね。こう見えても貯金が夢なんですよ(笑)。お笑いがなくなってもその夢は諦めません!

金子:あはは(笑)。

渡辺:最後にこれからの目標を聞かせていただけますか?

金子:夢を語りだしたらきりがないけど、今回シングンマイケルで中山大障害を勝たせていただいたので、この馬でどこまでも結果を出していくためにこの馬に似合った技術だったり体づくりをしていきたいと思ってます。馬と一緒に実績を残せる騎手になりたいですね。

渡辺:オジュウチョウサンがこれだけ脚光を浴びて障害レースが好きだという人も増えたと思うので、ぜひ障害レースを盛り上げて行ってください!

金子:はい。がんばります!


騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.よく聴く音楽はなんですか?
A.90年代のJ-POPです(金子騎手)

渡辺:90年代というと、小室ファミリー全盛のころですね。

金子:はい。あと globe とか CHAGE and ASKA、Mr.Children、スピッツとか、いつ聴いてもいいなと思います。

渡辺:飲みのあとにカラオケで歌ったりされるのですか?

金子:最近は行ってないですけど、歌うときは男同士で熱唱できる歌を選びますね。歌は得意な方じゃないので、音程外してもいいような酔っ払いながら男同士で熱唱できる曲にしてます(笑)。


金子光希騎手へのインタビューは今回で終了です。次回は、ジャングルポケット斉藤さんへのインタビューです

金子光希:1982年3月生まれ。千葉県出身。騎手。競馬学校第16期生。2000年に騎手免許取得。同年3月4日にデビュー。2013年に平地免許を返上し障害専門騎手に。2015年ティリアンパープルで障害重賞初勝利。2019年シングンマイケルで中山大障害優勝。初の J・G1タイトルを獲得。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2020年3月13日 に公開されました。