【第3回】倒さなければならない一頭
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

金子騎手をお招きしてのインタビュー3回目。今回は絶対王者オジュウチョウサンへの挑戦やご家族の話題を中心にお話をお聞きしました。

倒さなければならない一頭

「絶対王者を倒して下剋上したい」(金子騎手)

渡辺:シングンマイケルは金子騎手にとっても集大成の一頭になりましたね。障害転向してからほぼ手綱とってますし。とはいえ倒さなければならない一頭がいますね。

金子:中山大障害に勝って悲願達成できましたけど、次の目標は打倒オジュウチョウサンですね。絶対王者をに挑みたいと思ってます。

渡辺:頼もしい!

金子:そういう夢を見れる馬に巡り会えて本当に運がいいなと思いますし、だからこそ挑戦を表明したいですね。

渡辺:ファンとしても一騎打ちをぜひ見たいです。

金子:オジュウチョウサンへはボクとしてはリベンジの気持ちもあります。以前中山グランドジャンプで、シンキングダンサーで勝利を夢見たもののゴール前で交わされてしまい儚く夢が散ってしまいましたから。

渡辺:相手は相当強いですしファンも多いアイドルホースです。負かせますか?

金子:強い馬がいてこそ競馬ですし、強い馬がいてこそ人馬共に向上できるわけだから、ボクにとってはいい目標です。歴史に名を残す馬と一緒にレースできるというのは本当に光栄ですね。悪役になってでもオジュウチョウサンに下剋上したいです。

渡辺:オジュウチョウサンが出て、障害レースが話題になることが機会が増えましたよね。

金子:増えましたね。でも、障害レースって落馬のアクシデントがつきものですから、馬券を買うにもリスクが高いじゃないですか。競馬ファンでも馬券は敬遠する人も多いんじゃないですか?

渡辺:さすがに落馬までは楽しめないですけど、いい意味で馬券にスリルがありますよ。中山グランドジャンプや中山大障害の障害飛び越えたときやゴール前で拍手が凄いじゃないですか。騎手にも歓声や拍手って聞こえるものですか?

金子:聞こえます。乗っている方にも心に迫るものがあります。人馬ともに身を削ってレースをしているので、だから伝わる何かがあるのかなと思ってます。

子どもが騎手になりたいと言ったら

家庭の様子や子育てについて語る金子騎手

渡辺:金子騎手ってご結婚されてますよね。

金子:はい。結婚してもうすぐ5年ですね。

渡辺:どういうきっかけで知り合ったのですか?

金子:ボクの場合は人の紹介です。食事へ行った際に紹介されました。

渡辺:騎手と聞いて、奥さんの最初の食いつきはどうだたったのですか?

金子:最初から競馬のこと知っていたわけではないですし、騎手って聞いて武豊騎手なら思い浮かべるかもしれないけど、ましてや障害騎手だと相当競馬ファンでないとボクの名前も顔も知らないと思うんですよ。だから、最初はとりあえず会ってみようかくらいだったんじゃないですか(笑)。

渡辺:以前お話を伺った田中歩さんのお母さんは、ご主人の田中剛調教師(元騎手)が障害レース行く前に毎回仏壇で拝んでいたみたいですけど、奥さんもレース前は心配されるのではないですか?

金子:結婚してから落馬したこともありましたから、気が気じゃないところもあるみたいですね。落ちて運ばれて画面越しにうろたえている時もあるようですし。でも、周りに厩務員スタッフの年齢が近い奥さんや、知り合いもいてサポートしてくださっているので心強いです。

渡辺:可愛いお子さんもいますが、将来ジョッキーになりたいといったらどうしますか?

金子:1回くらいは馬に乗せてみようかと思ってます。自分の人生だからやりたいことがあったらその道を進めばいいですし、興味を持つ以前に知らないと興味の持ちようがないので見聞を広げるという意味でもいろんなことにチャレンジはさせたいですね。


騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.馬自身、レースに勝った、負けたってわかるのですか?
A.闘志むき出しで走っている馬なら、わかっているかもですね(金子騎手)

渡辺:強い馬は厩舎でも威張っていると言いますものね。

金子:勝ち癖や負け癖もありますし、強い馬は威圧感や貫禄がみなぎってますよ。オジュウチョウサンも、アップトゥデイトとやりあっているときとか闘志がみなぎってましたから。

渡辺:レースで負けると馬もショックだったりするんですかね...。

金子:どうでしょう。アクシデントの後や久し振りの障害レースだったりすると、メンタル面で大丈夫かなって思うことはありますよね。

渡辺:となると、オジュウチョウサンにも付け入るスキありですか? 平地でだいぶ速い馬を相手にしてきましたから。

金子:あの馬は規格外の馬なので、走ってみないとわからないですね。


以下、次回につづきます

金子光希:1982年3月生まれ。千葉県出身。騎手。競馬学校第16期生。2000年に騎手免許取得。同年3月4日にデビュー。2013年に平地免許を返上し障害専門騎手に。2015年ティリアンパープルで障害重賞初勝利。2019年シングンマイケルで中山大障害優勝。初の J・G1タイトルを獲得。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2020年3月6日 に公開されました。